Any Transport over MPLS(AToM)

Any Transport over MPLS(AToM)機能

• Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)バックボーンを介してデータ リンク レイヤ(レイヤ 2)のパケットを転送します。

Cisco MPLS ネットワークを使用して、既存のレイヤ 2 ネットワークでカスタマーのサイトと接続できるようにします。別々のネットワークとネットワーク管理環境を使用する代わりに、サービス プロバイダーは MPLS バックボーンを介したレイヤ 2 接続を提供できます。

• サポートされているレイヤ 2 トラフィック タイプをカプセル化して MPLS ネットワーク コア経由で転送する共通フレームワークを提供します。

AToM は、次の like-to-like 転送タイプをサポートします。

• ATM Adaptation Layer Type-5(AAL5)over MPLS

• ATM Cell Relay over MPLS

Ethernet over MPLS(VLAN およびポート モード)

• Frame Relay over MPLS

• PPP over MPLS

• High-Level Data Link Control(HDLC)over MPLS

Any Transport over MPLS の前提条件

AToM を設定する前に、次のようにネットワークを設定しておきます。

• Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータが IP 経由で互いに到達できるように、コア内に IP ルーティングを設定します。

• Label-Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)が PE ルータ間に存在するように、コア内に MPLS を設定します。

• レイヤ 2 回線を設定する前に、シスコ エクスプレス フォワーディングまたは分散シスコ エクスプレス フォワーディングをイネーブルにします。

• レイヤ 2 トラフィックの発信および終端用のループバック インターフェイスを設定します。PE ルータが他のルータのループバック インターフェイスにアクセスできるようにします。ループバック インターフェイスがすべての場合において必要なわけではないことに注意してください。たとえば、AToM が Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)トンネルに直接マッピングされている場合、トンネル選択ではループバック インターフェイスは不要です。

EVC関係

キャリア イーサネット接続サービス:E-Line、E-LAN、E-Tree

E-Line:ポイントツーポイントのイーサネット仮想接続

E-LAN:マルチポイントツーマルチポイントのイーサネット仮想接続

E-Tree:ポイントツーマルチポイントの ELAN サービス

EEM(Embedded Event Manager)

EEM は、シスコのルータやスイッチを制御する基盤ソフトウェアである Cisco IOS に搭載されている機能です。ネットワークを監視し、発生した状況に応じた対処ロジックの構築を可能にするもので、「カスタム機能を作るための機能」ともいえます。

EEM を利用することで、Cisco IOS にもともと搭載されている機能だけでは対応できなかったロジックを実装することが可能です。これまで、経験を積んだ管理者が常駐し、その都度行わなければならなかった「〜が発生したら〜する」という判断や処理も、EEM を活用すれば自動化することができます。

たとえば、「〜の Syslog が出力された」というイベントを Event Detector が検知し、EEM に通知すると、EEM ポリシーで関連付けられたアクションが呼び出され、管理者宛にアラートメールが送信される、というロジックも、Cisco IOS の機能だけで構築することが可能です。

if文みたいなもの?

MST

スパツリのモード? Switch(config)#spanning-tree mst configuration 設定してから下記を設定。 ・領域 ・リビジョン ・VLAN番号とインスタンスの対応付け

Integrated IS-IS

IS-IS(Intermediate System to Intermediate System)

自律システム(AS)内で動作するIGPのルーティングプロトコル

IPルーティングができない。Integrated IS-ISはIPルーティング可。

CCIEではどちらもIS-ISと表記。

リンクステート型プロトコル

コピペ

IPv6 の IS-IS マルチトポロジ サポート

IPv6 の IS-IS マルチトポロジ サポートにより、IS-IS は単一エリアまたはドメイン内で独立したトポロジのセットを維持できます。このモードを使用すると、IS-IS が設定されているすべてのインターフェイスで同じネットワーク アドレス ファミリのセットをサポートする必要がなくなります。また、IS-IS エリア(レベル 1 ルーティングの場合)またはドメイン(レベル 2 ルーティングの場合)内のすべてのルータで同じネットワーク レイヤ アドレス ファミリのセットをサポートする必要がなくなります。複数の SPF が設定済みのトポロジごとに 1 つずつ実行されるため、特定のネットワーク アドレス ファミリをルーティング可能にするには、エリアまたはドメイン内のルータのサブセットに接続が存在するだけで十分です。

isis ipv6 metric コマンドを使用して、IPv6 用のインターフェイスIPv4 用のインターフェイスに異なるメトリックを設定できます。

IPv6 のマルチトポロジ サポートを使用する場合は、 metric-style wide コマンドを使用して、新スタイルの TLV を使用するように IS-IS を設定します。これは、Link-State Packet(LSP; リンクステート パケット)で IPv6 情報をアドバタイズするために使用される TLV は、拡張メトリックだけを使用するように定義されているからです。

参考 www.infraeye.com http://www.infraeye.com/2016/10/16/cciea05/